新着情報

2021.04.02

メールの設定

 こんにちは。

KitCloudサポートチームです。

本日はKitCloudのメール機能についてご紹介させていただきます。

メールを設定する

①コントロールパネルの[管理] → [システム] → [メール設定]を選択します。

②“メール設定ダイアログ”が表示されますので、[メール管理へ]ボタンをクリックしてください。

③ブラウザが立ち上がり、メールサーバーの管理画面が開きます

メールアドレスを新規作成する

①メールサーバー管理画面の左メニュー「メールアドレス設定」から[メールアドレスの追加]をクリックします。

②各項目を入力します。

ユーザー名

メールアドレスの@マークの左側を入力します。

ドメイン名が“sample.com”で“info@sample.com”というメールアドレスを作成したい場合は「info」と入力します。

パスワード メールソフトに設定するパスワードを入力します。(8~16文字英数字推奨)
※設定したパスワードはお忘れのないよう、控えるようにしてください。
パスワード(確認) 上記で入力したパスワードをもう一度入力します。
名前 メールアドレスを使用する人の名前を入力します。
容量制限

最大容量までの任意の数字を入力します。

※全メールアドレスの使用容量がドメインの容量制限に達した場合は送受信ができなくなるのでご注意ください。

アクティブ チェックを入れます。(メールアドレスを削除せずに、利用だけを停止する場合はチェックを外してください)

Webメールを利用する

Webメールを使ってメールの受信や送信を確認することができます。

①コントロールパネルの[管理] → [システム] → [メール設定]を選択します。

②“メール設定ダイアログ”が表示されますので、[WEBメール(RoundCube)を利用する]リンクをクリックしてください。

③ブラウザが立ち上がり、RoundCubeログイン画面が開きます。

WEBメールを利用するメールアドレスを《ユーザー名》に入力し、

そのメールアドレスのパスワードを《パスワード》に入力して[ログイン]ボタンをクリックしてください。

搭載メールサーバーでご利用いただける機能

メーリングリスト 転送設定 Webメール 自動返信

迷惑メールフィルタ

ウィルス駆除 冗長化
× ×
管理画面のメールシステム → メールアドレス一覧から設定したいメールアドレスの[編集]をクリックします。
メール受信で「一覧」を選択し、転送したいメールアドレスまたはメールボックス(ユーザーID)を入力します。
メールアドレスごとに管理画面にログインを行う必要があります。詳しくは管理画面のヘルプをご確認ください。 自動返信機能は搭載しておりません。 迷惑メールと判断されたメールの件名の先頭に[SPAM]が付加されます。メールが自動的に削除されることはありません。 ご提供のメールサーバーにてウイルスチェックを行っております。 ご提供のメールサーバーは冗長化されております。

スパムフィルタにより以下の拡張子・ファイルタイプのファイルはメール送受信が禁止されます。

exe / vbs / pif / scr / bat / cmd / com / cpl / dll / X-MSDOWNLOAD(application/x-msdownload)

/ X-MSDOS-PROGRAM(application/x-msdos-program) / HTA(application/hta)

※添付ファイル(圧縮ファイル内のファイルも同様)、およびHTMLメールの埋め込みファイルにおいて禁止されております。

※送信者宛に英語のエラーメールが送信されます。