新着情報

2021.03.01

CMSとは?導入するメリットと検討する際のポイント

 こんにちは。

KitCloudサポートチームです。

本日はCMSとはどういったものなのか?導入するメリットや、気を付けるポイントなどをご紹介していきたいと思います。

CMSとは?

CMSは(Content Management System)、直訳するとコンテンツ管理システムと呼ばれます。

Webサイトを構成しているのはテキストや画像、また動画などですが、

それらのデジタルコンテンツをまとめあげる形で統合・体系的に管理し、更新やコンテンツの配信などを行うシステムを指します。

みなさんも一度は耳にしたことがあるWordPress(ワードプレス)も、無料で公開されているCMSになります。

本来Webサイトを作成・運用していくためには、HTMLの知識やディレクトリ構造など、システム的な部分の知識が必要でした。

しかし、CMSにより、Webサイトを作る際にコードを書かなくても良くなり、

テキストや画像のコンテンツを管理画面から投稿するだけで簡単にサイトを作成・運用できるようになりました。

CMSの機能

CMSの種類はたくさんありますが、共通する機能もいくつか存在します。
たとえば、下記のような特徴があります。

  • ブラウザからサイトにコンテンツをアップできる機能
  • キーワードを利用してサイト内のコンテンツを検索する機能

CMS導入のメリット

①日々の更新が簡単になる

先ほども説明しましたが、CMS導入によってコンテンツの作成と更新作業が簡単になります。

例えば、テキストをホームページに追加する場合、本来はHTMLやCSSに書き込む必要がありますが、CMSを使えばMicrosoftのWordのような形で、テキストや画像を簡単に入れ込むことができます。

そのため、更新作業を他社に依頼していた場合、CMSであればWebサイトの知識がなくても社内で作業を完結させられるため、外注する分のコストが減らせるうえ、スピーディな対応が可能です。

②運用コストを削減できる

CMSの導入により外注していた更新作業が自社でできるようになるので、外注費が削減できます。
また社内でCMSを利用せずに更新作業を行っていた場合でも、デザイナーやエンジニアの工数削減ができ、人件費の削減にもなることもあります。

新たにサイトを制作する場合、CMSのテンプレートを使えば、一からデザインを起こす必要がなくなるため、コストが大幅に削減することができます。

③決まったデザインでページを作成することができる

CMSには運用上のメリットだけでなく、サイトデザインを行う上でのメリットもあります。

CMSはデザインフォーマットがあり、入力フォームにテキストや画像を入力するだけで、決まったデザインのページを簡単に複数作ることもできます。会社概要や採用情報、事業内容など決まったフォーマットになりやすいコーポレートサイトを作成する際も、CMSで用意されているテンプレートを使うことで簡単にページを作成できます。

KitCloudの機能について

  • 画面上でそのまま編集可能
  • 豊富なデザインテンプレートで簡単作成
  • 簡単コンテンツパーツ
  • バックアップ機能
  • 公開・非公開設定
  • レスポンシブ対応(スマートフォン表示)
  • ブログ・トピックス機能
  • メールフォーム作成
  • スライドショー設置

KitCloudでは簡単にホームページが作成できるように様々な機能が実装されています。

CMSに関するよくある質問

なぜCMSが必要なのか?

HTML等の知識が不要でも、Webサイトの更新ができるので、

社内でサイト運営を楽にすることができます。

定期的な作業が発生する場合は、CMSの方が外注に頼む手間や公開までの作業の負担を軽くすることもでき、

作業費用も発生しないのでコストを抑えることもできます。

オリジナルのCMS開発とテンプレートデザインCMSのどちらが良いのか?

CMSで実現したい機能によって異なりますので、CMSに必要な機能を整理した上で決めるとよいでしょう。必要な機能がありきたりな場合、テンプレートのCMSの方が安く開発できることもあります。オリジナルのCMSは開発コストや工数がテンプレートに比べてかかってしまいます。

おわりに

今回はCMSについてご紹介をさせていただきました。

CMSにはいろいろな機能があり、利用する目的などによっては導入することが大きなメリットになる可能性があります。

KitCloudでは、まず無料アカウントを発行して実際に操作していただいてから導入するかどうかを決めて頂くことできます!