新着情報

2021.02.16

メタタグの設定

 こんにちは。

KitCloudサポートチームです。

本日は「メタタグの設定」についてご紹介いたします。

その前に『クローラー』についてご説明します。

『クローラー(検索ロボット・サーチボット)』とは

クローラーはWeb上のホームページや画像・動画の情報を収集し検索エンジンのデータベースに保管するプログラムを指します。

這う(クロール:crawl)に由来し、クローラーが情報収集することを「クローリングする」とも言います。

※公開したホームページが検索結果に表示されるにはクローリングされる必要があります。

ホームページがクローリングされることでGoogleなどの件s買うアルゴリズムにホームページの持つ

最新の性格な情報が解析・評価され検索結果の表示順位に反映されます。

今回のテーマ「メタタグの設定」はホームページが持つ性格な情報がクローリングされるための重要な機能です。

メタタグとは

メタタグ(1metaタグ)とは、ページの情報を検索エンジンやブラウザなどに伝えるタグのことをいいます。

メタタグをしっかりと設定することでSEO対策に繋がります。

設定方法

メタタグを設定したいページで右クリックして「メタタグ」>「メタタグの登録」をクリックすると設定ダイアログが表示されます。

【対象URL】

メタタグを設定するページのURLが表示されます。

※URL事にメタタグの設定が可能です。

【タイトルタグ】

こちらに入力した内容がGoogleなどの検索結果ページに表示されます。

【メタディスクリプション】

こちらに入力した内容が検索結果ページのタイトルの下部に表示されます。

【メタキーワード】

メタタグと同様にそのページがどういったキーワードに関連しているかどうかを伝えるものですが、

現在メタキーワードはSEO対策として一切効果はありません。

クローラーの技術の進化により、キーワードを記述しなくてもページ内の重要なキーワードを判断できるようになったからです。

【クローラー制御】

noindex・・・そのページへのクローリングを拒否します。

nofollow・・・そのページからのリンクへのクローリングを拒否します。

noarchive・・・そのページのキャッシュ作成を拒否します。

各項目を入力してOKボタンをクリックすれば設定が登録されます。
※右クリックして[メタタグ]-[メタタグの設定]をクリックするとこれまで登録したページのメタタグを一覧で確認することができ、編集ボタンから内容の変更も可能です。

メタタグはURLごとに設定が可能ですので、アクセスが多い主要なページなどは可能な限り設定されることを推奨しております。

サイト設定の「概要」項目について

コントロールパネルの[管理]-[システム]-[サイトの設定]に[概要]という項目があります。

こちらに説明文として入力した内容は、WEBサイト内のメタタグを設定していない全てのページにメタディスクリプションとして反映されます。
しかし異なるページ同士でメタディスクリプションが同じ内容であることを検索エンジンは好ましく思いません。
サイト設定「概要」への入力内容よりも「メタタグの設定」への入力内容を優先してクローリングさせるようにしていますので、
メタタグを設定しないページについては、サイト設定「概要」になにも入力せずクローラーの判断に任せてしまうことを推奨しております。

以上のように、メタタグを設定しクローラーにページの持つ正確な情報を判断してもらうことが大切です。
すべてのページにメタタグを設定するのが難しい場合でも、会社として主要な商品やサービスを紹介するページやアクセス数の多いページなどだけでも設定することをおすすめいたします。

本日は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。