新着情報

2021.02.10

『MEOとGoogleマイビジネス』

 こんにちは。

KitCloudサポートチームです。

本日は『MEOとGoogleマイビジネス』についてご紹介いたします。

MEOとは

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略で日本語に訳すと「地図エンジン最適化」となります。

海外では「ローカルSEO」とも呼ばれており、「地域特化したSEO」です。

Googleマイビジネスとは

MEOを実施するにはGoogleマイビジネスへの登録が必要になります。

GoogleマイビジネスとはGoogleの無料サービスの一つで、企業や店舗の情報を登録することができます。
この登録情報の内容をボリュームアップすることがMEOの強化に繋がります。

例えば、「カテゴリ」、「タイトル」、「説明」などの重要な情報をSEOと同じようにキーワードや、関連性の高いワードを含めて登録したり、店舗の場合は外観、店内、メニューの内容がわかる写真を多く登録することが重要です。

さらに投稿機能を使えば、自社のイベント、商品、サービスなどの情報を公開することができます。
定期的に投稿を実施するメリットはいくつかあります。



メリット

Googleマイビジネスに登録するメリットはいくつかあります。

その1.社名(店舗名)を検索した際に検索結果画面右側に登録情報が表示されます。

マイビジネスに登録をした情報が一目でわかるように表示されます。

投稿機能で公開した情報もこちらに表示されるので、ユーザーへ簡単に知らせることができます。

(投稿機能で作成したサンプルの投稿です。)

画像やテキストのほかに「詳細」「予約」「今すぐ電話」などのボタンをつけることもできます。

その2.ローカルキーワードでの検索結果画面に登録情報が表示されます。

※ローカルキーワードとは?

「京都 ラーメン」のような「地名+キーワード」や「歯科」「居酒屋」「美容室」「英会話」など、

キーワード自体が地域との関連性が高い店舗・施設系の意味に該当するキーワードです。

ローカルキーワードで検索をすると結果画面にローカルパックが表示されます。

このローカルパックにはマイビジネスへ登録されている店舗が数件表示されており、

検索位置からの距離、話題性など様々な項目によって表示順位が変動します。

現在、スマートフォンの普及により、近くの店舗や施設を検索する際、

ほとんどの方がローカルキーワードで検索するのではないでしょうか?

MEOを強化して表示順位を上位化できれば多くの方の目に留まり販促へと繋がります。



デメリット

内容のコントロールができない

Googleマイビジネスでは、一般のユーザーが写真を投稿したり、コメントや評価をすることができる仕組みとなっているので、

必ずしもオーナーが載せたい写真が思うように表示されない場合があります。

また、ユーザーから直接コメントが届くので

ネガティブな情報を一切載せたくない場合には、デメリットだと感じるかもしれません。

ビジネスのオーナーであっても情報を完全に自分の思う通りにはコントロールできないという点があります。

上記の内容に関しては、

  • 検索ユーザーになるべく正確な情報提供をする
  • Googleマイビジネスの情報は、サービスを提供する側とサービスを受ける側がともに作っていく

という点をGoogleが重要としているためです。



登録しない

Googleマイビジネスに登録しない場合はどうなるのか?

GoogleMap上に情報が表示されないということは、
ユーザー視点で考えるとその店舗(会社又は施設)は存在しないのと同意義になります。



まとめ

  • 店舗や会社の基本情報を掲載できる
  • リアルタイムの情報を発信できる
  • 分析情報を閲覧できる
  • ユーザーと交流することができる
  • 新規顧客にアピールできる
  • 無料で利用ができる

以上がGoogleマイビジネスのまとめです。

MEO、Googleマイビジネスの活用は、ユーザーのアプローチ、集客の手法として大きな可能性があります。

無料で登録、使用を開始することができるのでまだ使ってない方は是非利用しましょう!

お問い合わせ

Tel.050-3716-0627

営業時間 9:00-18:00 定休日:土曜日・日曜日・祝日